2017/05/08

個展 来て頂きありがとうございました!

無事に個展を終えました!

沢山の方々に来て頂き、ありがとうございました!

コーヒーを飲んだ後、片づけをがんばります!

くまポン (ふふふ、果たして順調に片付けられるかな?)
熊田  (そう、キミは結局のところ一人だ)
犬田  (わんわん!)

果たして
水谷はコーヒーに溶けて消えてしまうのか!?
つづく!!


2017/05/03

ミスドはどこに消えた?

個展二日目!

お越しいただきありがとうございました!
くまポン 「きゃー!河北美術展で宮城県知事賞を受賞した松浦翼さんだー!」
熊田  「美男美女ですな、水谷君と違って」
犬田  「わんわん!」
 松浦翼のHP→松浦翼のブログ『日本画つー』

高名な日本画家 山口裕子の姿も!
くまポン 「きゃー!世界的アーチストの山口裕子だー!」
熊田  「素晴らしい、水谷君と大違いだ」
犬田  「わんわん!」
 山口裕子のHP→日本画家 山口裕子のウェブサイト

沢山の方々に来ていただいて
水谷は喜んでいた!

しかし!!

くまポン 「ちょっと調子に乗っているんじゃないかね」
熊田  「困るんだよねー、色々勘違いされては」
犬田  「わんわん!」
水谷  「はぁ…」

くまポン 「とりあえず話を聞きたまえ、グミでも食べながら」
熊田  「ボクたちは差し入れのミスタードーナツを食べるから」
犬田  「わんわん!」
水谷  「あぁ、俺のミスド…」

ミスドはどこに消えてしまうのか!?
その行方は誰にもわからない!!

3日目もお待ちしております!
くまポン 「げぷ」
熊田  「げぷ」
犬田  「わんわん!」



2017/05/02

水谷真人陶展 開催中!!

 展示の準備で水谷は疲れていた!

水谷  「とりあえず見栄えを良くしなければ」
くまポン 「うわーい!僕たちにお花が届いたー!」
熊田  「僕たち三人によく合うお花だ」
犬田  「わんわん!」

水谷  「土鍋の並びはこんな感じで良いか」

水谷  「照明の当りも考えなくちゃな」

水谷  「販売コーナーも見やすくしなくちゃなー」

水谷  「なぞの壷はここでいいか」

水谷  「皆様のお越し、お待ちしております」

ギャラリー専
 〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町3丁目9−9



2017/04/08

ふー

水谷は5月の個展に向けて必死こいてる!
くまポン 「ふー、窯の中はあったかいなぁ」
熊田  「ほらぁ!きりきり動いて!」
犬田  「わんわん!」

徐々にだが作品は出来つつある!
くまポン 「ふむ、手仕事感のある仕上がりではないかね」

今さらながらの酉年の作品も!
熊田  「キュートな鳥さんたちだ」
鳥   「恐れ入ります」

目も回る忙しさ!
犬田  「わんわん!」
水谷  「うわー!」

水谷陶展 近づく!

ギャラリー専にて!

2017/03/12

指輪物語

水谷  「指輪を入れる小物入れを成形しました」
くまポン 「彼女はいないけど指輪入れ作ったんだ?」
熊田  「小物って水谷君の事?」
犬田  「わんわん!」

水谷  「金工の知合いに頼まれまして。婚約指輪を入れるらしいです。」
熊田  「永遠の愛を誓いますか?」
くまポン 「きゃー、嬉しい!」
犬田  「わんわん!」

くまポン 「水谷君にはドワーフが作った指輪をあげるね」
熊田  「永遠の命が約束される指輪だよ」
犬田  「わんわん!」
水谷  「そうゆういわくつきのアイテムはちょっと…」

水谷は個展に間に合うのか!?

水谷陶展 近づく!!

2017/03/04

アバンギャルド

水谷   「疲れた」
くまポン  「やれやれ、精神も腹の肉もたるんでるね」
熊田   「何も成し遂げられない30代になるのかな」
犬田   「わんわん!」

水谷   「今週は重ねの良い皿の制作をしましたね」
くまポン  「まあまあ良い出来じゃないかな」
熊田   「ぬいぐるみ1個分のちょうど良い大きさだ」
犬田   「わんわん!」

水谷   「すり鉢も良いすり目が出来ました!」
くまポン  「ふぅ、お風呂に浸かっている気分だ」
熊田   「とろろ風呂も良いかもね!」
犬田   「わんわん!」

水谷   「あと、5月の個展のDMが完成しました!」
くまポン  「ふむ、我々の指示通りに作ったかね?」
熊田   「ミスがあったら水谷君の給金から差し引くからね」
犬田   「わんわん!」

5月の個展のDMとは!!

 水谷   「おー!」
くまポン  「ほー」
熊田   「ほー」
犬田   「わんわん!」

くまポン  「こっちのDMの方が良いと思うなぁ」
熊田   「こっちの方がアバンギャルドだよね!」
犬田   「わんわん!」
水谷   「うわー!」

2017/02/22

クォーターマン

水谷  「五月の個展に向けて沢山作らなければ!」
くまポン 「ふぃー、電気敷き布団がぬくいねぇ」
熊田  「腰に効くね」
犬田  「わんわん!」

水谷  「皿の裏を削ってどんどん仕上げていきましょう!」
くまポン 「水谷君の脂肪も削れるのかなぁ?」
熊田  「水谷君の希望も削れるのかなぁ?」
犬田  「わんわん!」

くまポン 「ところで、中皿にしては大きすぎないかなぁ」
熊田  「適当に作ってたらタダじゃ済まないよ」
犬田  「わんわん!」

水谷  「焼成で15%収縮するので、大きく成形する必要があるんですよ」
くまポン 「人間と一緒で縮んでいくんだね」
熊田  「ボクたちは不変不滅だけどね」
犬田  「わんわん!」

くまポン 「ところで水谷君は何キロ太ったの?」
熊田  「30代になって肥えてきたんじゃないかね?」
犬田  「わんわん!」
水谷  「20代のときは64キロでしたが」

水谷  「今は74キロありますね」
くまポン 「ちょうど15%の増量だ」
熊田  「身体をはったギャグのつもりかね」
犬田  「わんわん!」

くまポン 「つまり、水谷君を焼成すれば再び64キロになるわけだな!」
熊田  「さぁ、焼成して縮小しようじゃないかね!」
犬田  「わんわん!」
水谷  「いやぁ」

水谷は個展に間に合うのか!?
そして、焼成されてしまうのか!?
水谷陶blogつづく!
くまポン 「わくわくが止まらない」
熊田  「よく燃えそうだよね」
犬田  「わんわん!」